ペットは引越し当日は繋いでおくかケージに入れて、できるだけ不安を与えないようにしたいものでしょう。

当日にすべきことは?
当日にすべきことは?

ペットに配慮した引越し

ペットを飼っている場合は、引越しは動物にとってはトラウマです。
何が起きているかさっぱりわからないのに、何か落ち着けない事態になっていることだけは感情的に察知します。
飼い主も動物に「今日は引越しの日だから」とも説明できず、もどかしい気持ちになります。
特に毎日散歩が必要な犬や猫などは、朝から引越し業者が往き来して荷物を搬出している最中に吠えたりウロウロされるのでは、作業も滞りがちになるし、トラブルが起きるかも知れません。
繋いでおくかケージ入りにしておくしか手がありません。
人数に余裕がある場合は、誰かがペット担当者になって、搬出作業中もお相手をして不安にさせないようにできます。
一人暮らしの場合はそうもいきません。
引越し先が近い場合は、その日だけペットホテルなどに預けるという手があります。
あるいは、業者によっては別プランで用意されているペット専用の別便で、引越し先に送ってしまうという方法もあります。
小鳥などは、作業のはずみでカゴの戸が開いて逃げてしまうこともあるようです。
引越し先にたどり着いたら、その夜はせいぜいかまってあげて、不安やストレスから解放してあげるようにしましょう。
動物は人間の事情がわからないということをよく意識して、ペットと接しながらの引越しにしたいものです。

運輸・引越しの参考になるネタはユーザーが多いこのサイトがおすすめですよ!!



Copyright(c) 2017 当日にすべきことは? All Rights Reserved.