子どもやお年寄りも、引越しで住み慣れた家を去ることには大きなストレスを抱えてしまいがちです。

当日にすべきことは?
当日にすべきことは?

子どもやお年寄りへの配慮も

ペットと人間の子どもやお年寄りを一緒にしてはいけませんが、引越しというのは今まで住み慣れた土地を離れるということです。
慣れ親しんだ地域や近所の人々と別れるということは、人間にとっても大きなストレスになります。
特に小さな子どもは、大人の事情はわからないのに、いきなりこの家を出て行くと告げられて、学校も変わることになるし、せっかく親しくなった仲良しの友だちともサヨナラをすることになります。
忙しそうな親の前では我慢していても、心の中ではかなり厳しい状況になっていることが多いのです。
お年寄りも同じです。
気持ちの柔軟性が少なくなってきている中で、自分の事情でもないのにまた新しい世界に曝されて暮らすことを想像すると、ますます孤独感を募らせたり、自分の心身の状態に自信が持てなくなってきます。
一人暮らしの人が引越しするときにはこのような心配はありませんが、家族での引越には、子どもやお年寄りの心のケアも大切になってきます。
引越の準備をする時は、こうした弱い人の心の準備も疎かにできません。
特に引越し当日は、作業スタッフの人が忙しそうに家の中を歩き回っているのを見て、ショックが大きいかも知れません。
時々ことばをかけることを忘れたくないですね。

運輸・引越しの参考になるネタはユーザーが多いこのサイトがおすすめですよ!!



Copyright(c) 2017 当日にすべきことは? All Rights Reserved.